札幌風俗で嬉しいサービス

夢にまで見た願望を満たした僕

札幌のデリヘルという風俗店から、女の子を呼んだときのお話です。指定するラブホに来てくれたのは、はたちのゆきちゃんです。発芽玄米を種から育て、それを食べることがマイブームだというゆきちゃんは、見るからに健康そのものな女の子。きっと子どもの頃からお母さんが、食べるものには気を使ってくれていたのでしょう。そのピチピチの肉体は、男心をくすぐらないはずはありません。「最近太ってきちゃってぇ。」と言うゆきちゃん。確かにポッチャリとはしていますが、決して“太っている”というほどのものではなく、むしろ僕の好みにどストライク!こんな子が、会社のきちっとした制服を着ているのを見ると、あそこが熱くたぎるのを感じてしまいます。イメクラですから、こんな要望に応えるのは朝飯前。着替え終わったゆきちゃんは、ムチムチのセクシーOLにしか見えません。ここは誰も見ていない札幌のラブホの1室です。日頃の欲情を風俗で満たすべく、遠慮なくゆきちゃんをベッドの上に押し倒しました。

風俗万歳!札幌万歳!

札幌にある風俗の体験をしてきました。はっきり言ってすごく楽しかったです。最初、どのお店にしよっかなーって思ってスマホをポチポチしていたんです。そうしたら、物凄く安いお店を見つけることができました。安いならば何も迷うことはないと思って、早速電話をしました。ただ、肝心のどの子を指名するとかはまったく決めてなかったこともあって、お任せにしてみました。ところが、これがラッキーだったみたいで、たまたま空いていた一番人気の子に来てもらうことができました。見た目は…正直それほどでもなかったので、何でナンバーワンなのか分からなかったのですが、サービスを受けてみたらその理由が一発で分かりました。とにかくお客さんのことをしっかりと考えてくれているというのが分かるんです。風俗って、結局サービス業になるわけですけど、それがよく分かりました。すごくやさしいんですよね。だから、何回でも利用したくなるというかそういうところがあるのです。札幌に行くたびに利用したくなりましたよ。